オーケストラ・木管楽器カテゴリの記事一覧

楽器ファゴットを演奏

楽器ファゴットに興味を持つことは大変貴重なことです。どこのオーケストラや、ブラスバンドでもファゴット奏者は引っ張りだこですし、エキストラ人気だって非常に高いはずです。今では楽器店で「楽器レンタル」というのもやっていますが、さすがにファゴットまではレンタルしてないようですね…。大きい楽団になると、チューバ、コントラバスなどの高額楽器を楽団として所有しておりますが、団員に貸してくれたりするところもあります。
ファゴット奏者というのは何もかもすべてを忘れて、自分の演奏する音に集中する至福の時ですよね。これから細く長く演奏していきたいという考えの人は、修理の専門店をしている楽器屋さんを訪ねて相談してみるのも一つの方法です。その結果、思い切って購入を検討してみるのも良いと思います。
ファゴットの原形(バスーンとも呼ばれる)は、17世紀にショムーやクタールなどから発展したと言われています。19世紀にドイツの楽器製作者がキイ構造の仕組みの改良をして今日に至っています。
ファゴットの構造は低い音域を出す為に管は長くなり持ち運びも困難なため、楽器を三〜四つの部分に分け、各部を演奏時にU字形に組み立てます。複雑なキイ構造を持ち、リードはオーボエと同じ二枚のリードを使用します。
ファゴットの種類は音域にあります、標準ファゴットの低音域はオーケストラの響きに力強さを与え、テナー歌手の音域にあたる高音域は独奏メロディによく使われます。他に、標準ファゴットより1オクターブ低い音域をもつコントラファゴットがあります。

楽器クラリネットを購入

楽器を購入する場合、まずクラリネットは演奏していく上で、定期的にプロによるメンテナンスが必要な楽器であると言うことを、認識しておいてください。年に数回はリペアマン(修理屋さん)に楽器を診てもらう必要がありますが、普段から丁寧に扱っていれば、そんなに費用は掛かりません。しかし、クラリネットのメーカによっては部品の調達が難しい場合や、修理の際にやむを得ず他メーカの部品を使うことがあります。その上で、安心できるメーカと言うことになると、やはクラリネットの場合はヤマハ(日)・クランポン(仏)のどちらかになると思います。他にセルマー(仏)・ルブラン(仏)などもありますが、扱っている店が少ないので品物があれば選択枝に入る程度です。楽器のランクやメーカについては、楽器店と先生が決まってから相談して購入するようにしましょう。
クラリネットの原形は民族楽器の一つであるシャリモーと言う縦笛を、ドイツの楽器製作にとって改良したものです。元々は音程が不正確な楽器でしたが、これに多くののキーが取り付けることによって、かなり安定した音程が得られるようになり、音楽表現の幅も広がっていきました。
クラリネットの構造は主に木で作られた吹口に、自然の産物である天然アシを使ったリードを、固定したマウスピースとバレル、上管、下管、それとベルに分かれています。穴をふさいで音程を調節するための、ベーム式とよばれる構造になっていて、多数のキイが付いています。
クラリネット族の種類は、管の長さにより音域が異なるものが数種類あります。指使いなど演奏方法はどれもほとんど同じですが、管が長ければ長いほど音域は次第に低くなっています。

楽器フルートの価格

楽器フルートの楽譜はピアノ(ト音)と同じト音表記です。フルートは移調楽器ではありませんので、フルートのドは、ピアノのドと同じ音です。inCですからピアノをやってる方なら違和感を感じることなく出来ると思います。
初めての方でも一週間も練習すれば、音階ぐらいは吹けるようになると思いますが、完全に個人で、週に1・2回程度だと最初は難しいかもしれません。音を出すコツをつかむことが必要ですから、最初は経験のある方に教えてもらうようにしましょう。
フルートの価格は実売価格で1万円台のものもありますけど、例えばピアノの場合「新品で5万円で買えるアップライトピアノ」があったとすれば、これを勧めるでしょうか?しないでしょう。価格から考えてみても楽器としての「作り」に疑問を持つと思います。音楽や楽器を愛する人ならば、やはり「いいかげんに作られたシロモノ」には手を出さないほうが良いと思います。そのためにも玩具のように扱う場合は別として、安かろう、悪かろうにならないようにしたいものです。
フルートの場合、「楽器」としての実用性の価値があるのは10万円以上はします。
コンサートホール等で演奏できるレベルの「フルート」と言うことになると、先ずは総銀製を選ぶことになるので、価格は40万円は超えると思います。(ピアノに例えるならば、スタンウェイや国産メーカーの最もハイクラスになるかと思います)
こちらもご覧ください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。