楽器ファゴットを演奏

楽器ファゴットに興味を持つことは大変貴重なことです。どこのオーケストラや、ブラスバンドでもファゴット奏者は引っ張りだこですし、エキストラ人気だって非常に高いはずです。今では楽器店で「楽器レンタル」というのもやっていますが、さすがにファゴットまではレンタルしてないようですね…。大きい楽団になると、チューバ、コントラバスなどの高額楽器を楽団として所有しておりますが、団員に貸してくれたりするところもあります。
ファゴット奏者というのは何もかもすべてを忘れて、自分の演奏する音に集中する至福の時ですよね。これから細く長く演奏していきたいという考えの人は、修理の専門店をしている楽器屋さんを訪ねて相談してみるのも一つの方法です。その結果、思い切って購入を検討してみるのも良いと思います。
ファゴットの原形(バスーンとも呼ばれる)は、17世紀にショムーやクタールなどから発展したと言われています。19世紀にドイツの楽器製作者がキイ構造の仕組みの改良をして今日に至っています。
ファゴットの構造は低い音域を出す為に管は長くなり持ち運びも困難なため、楽器を三〜四つの部分に分け、各部を演奏時にU字形に組み立てます。複雑なキイ構造を持ち、リードはオーボエと同じ二枚のリードを使用します。
ファゴットの種類は音域にあります、標準ファゴットの低音域はオーケストラの響きに力強さを与え、テナー歌手の音域にあたる高音域は独奏メロディによく使われます。他に、標準ファゴットより1オクターブ低い音域をもつコントラファゴットがあります。
こちらもご覧ください

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。