楽器クラリネットを購入

楽器を購入する場合、まずクラリネットは演奏していく上で、定期的にプロによるメンテナンスが必要な楽器であると言うことを、認識しておいてください。年に数回はリペアマン(修理屋さん)に楽器を診てもらう必要がありますが、普段から丁寧に扱っていれば、そんなに費用は掛かりません。しかし、クラリネットのメーカによっては部品の調達が難しい場合や、修理の際にやむを得ず他メーカの部品を使うことがあります。その上で、安心できるメーカと言うことになると、やはクラリネットの場合はヤマハ(日)・クランポン(仏)のどちらかになると思います。他にセルマー(仏)・ルブラン(仏)などもありますが、扱っている店が少ないので品物があれば選択枝に入る程度です。楽器のランクやメーカについては、楽器店と先生が決まってから相談して購入するようにしましょう。
クラリネットの原形は民族楽器の一つであるシャリモーと言う縦笛を、ドイツの楽器製作にとって改良したものです。元々は音程が不正確な楽器でしたが、これに多くののキーが取り付けることによって、かなり安定した音程が得られるようになり、音楽表現の幅も広がっていきました。
クラリネットの構造は主に木で作られた吹口に、自然の産物である天然アシを使ったリードを、固定したマウスピースとバレル、上管、下管、それとベルに分かれています。穴をふさいで音程を調節するための、ベーム式とよばれる構造になっていて、多数のキイが付いています。
クラリネット族の種類は、管の長さにより音域が異なるものが数種類あります。指使いなど演奏方法はどれもほとんど同じですが、管が長ければ長いほど音域は次第に低くなっています。
こちらもご覧ください

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。