楽器フルートの価格

楽器フルートの楽譜はピアノ(ト音)と同じト音表記です。フルートは移調楽器ではありませんので、フルートのドは、ピアノのドと同じ音です。inCですからピアノをやってる方なら違和感を感じることなく出来ると思います。
初めての方でも一週間も練習すれば、音階ぐらいは吹けるようになると思いますが、完全に個人で、週に1・2回程度だと最初は難しいかもしれません。音を出すコツをつかむことが必要ですから、最初は経験のある方に教えてもらうようにしましょう。
フルートの価格は実売価格で1万円台のものもありますけど、例えばピアノの場合「新品で5万円で買えるアップライトピアノ」があったとすれば、これを勧めるでしょうか?しないでしょう。価格から考えてみても楽器としての「作り」に疑問を持つと思います。音楽や楽器を愛する人ならば、やはり「いいかげんに作られたシロモノ」には手を出さないほうが良いと思います。そのためにも玩具のように扱う場合は別として、安かろう、悪かろうにならないようにしたいものです。
フルートの場合、「楽器」としての実用性の価値があるのは10万円以上はします。
コンサートホール等で演奏できるレベルの「フルート」と言うことになると、先ずは総銀製を選ぶことになるので、価格は40万円は超えると思います。(ピアノに例えるならば、スタンウェイや国産メーカーの最もハイクラスになるかと思います)
こちらもご覧ください

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。